機能紹介

監視機能詳細

  • 対応製品:
  • クラウド版
  • スタンダード版

Winプロセス

監視の観点 監視説明
WindowsOS専用のリソース監視 プロセスの監視を行います。プロセスの存在の確認、メモリ使用量の確認などの監視が可能です。
Windows(2000/2003/2008/2012)専用の監視です。 Windows上のプロセスの個数、メモリサイズ、存在の有無等での監視がおこなえます。 設定方法は、「プロセス」の部分に、監視したいプロセス名を入れて下さい。 プロセス情報を一行に一つ指定します。画面内の記述例を参考にして下さい。 接続設定が済んでいる場合、「>>プロセスリストを自動取得」をクリックする事で現在のプロセス情報を確認する事ができます。 また、「監視対象とするメモリ使用量」ですが、プロセス名全体でのメモリ使用量での検知をおこないます。詳しくは画面内の説明をご覧頂き設定して下さい。 winプロセス監視のグラフは設定した内容に応じ変化し、メモリ使用量での監視の場合は設定した プロセス名全体でのメモリ使用量、プロセス数での監視の場合は設定したプロセス名のプロセス数がグラフにプロットされます。 ほか、製品画面内の説明もご覧下さい。 ワーニング、アラート等の振り分けは各アクション設定でおこなって下さい。

障害の判断

  • 指定秒数内での応答がなかった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 指定したプロセスが指定したステータスでない場合
  • 他詳しくは「全体設定→エラーコード一覧」内の「WPR-xxxx」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:内部監視
  • 監視テスト:実行可能
  • リカバリ確認モードへの移行:可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ、プロセスグラフ(プロセス数orメモリ使用量)
  • 対応OS:「全体設定 > 監視モジュール一覧」画面に記載
  • 「リスト→内部監視履歴」に履歴を保存

対応OS

ポイント数 対応OS
RH WIN Sol AIX FreeBSD etc ESXi
1 × × × × × ×
監視機能一覧に戻る