機能紹介

監視機能詳細

  • 対応製品:
  • クラウド版
  • スタンダード版
  • ライト版

Winメモリ

監視の観点 監視説明
WindowsOS専用のリソース監視 メモリ使用率(win)の監視を行います。使用率での監視が可能です。
Windows(2000/2003/2008/2012)専用の監視です。 一般的にはリソース監視という分類になりますが、メモリ監視は基本的な監視ですので、どのようなサーバに対しても効果があります。 設定方法は、「メモリ最大値」にそのサーバが搭載しているメモリの最大値を入力します。 次に、ワーニングの閾値、アラートの閾値を設定し、タイムアウトを設定して下さい。各閾値をこえた使用率だった場合に、対応したアクションが実行されます。 なお、「メモリ最大値」は実際に対象機器上にて搭載メモリ量を確認したのち、その値を設定してください。

障害の判断

  • 指定秒数内での応答がなかった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 指定した閾値を越えていた場合
  • 他詳しくは「全体設定→エラーコード一覧」内の「WME-xxxx」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:内部監視
  • 監視テスト:実行可能
  • リカバリ確認モードへの移行:可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ、メモリ使用率グラフ
  • 対応OS:「全体設定 > 監視モジュール一覧」画面に記載
  • 「リスト→インフォメーション」に監視時のメモリ情報を表示

対応OS

ポイント数 対応OS
RH WIN Sol AIX FreeBSD etc ESXi
1 × × × × × ×
監視機能一覧に戻る