機能紹介

監視機能詳細

  • 対応製品:
  • クラウド版
  • スタンダード版

Winイベントログ

監視の観点 監視説明
WindowsOS専用のログ監視 イベントログ(win)の監視を行います。ソース名、イベントID等での監視が可能です。
Windows(2000/2003/2008/2012)専用の監視です。 Windowsが標準で吐いているイベントログの監視を行います。 障害がおこった際にイベントログになにかしらログを吐くようなアプリケーションの監視等もおこなう事が出来ます。 下記イベントログ監視の設定は標準的な設定となります。 なおCWM(ClariceWinModule)経由でWindowsEventing6.0に対応しているWindowsの場合、 「ログ取得方法」に「Windows Eventing 6」を選択する事で、監視内容が変化しますので、 より詳細に監視をおこないたい場合で、WindowsEventing6.0に対応しているOSの場合はこちらを選択してください。 イベントログ監視では、どのイベントログファイルに対して監視をおこなうのかを設定します。 「ログ名称」のところで、監視したいイベントログファイル名を選んで下さい。 次に「イベントソース名」「イベントID」「ダイアログ内メッセージ」のどれか(複数または未入力でも可)に値を入れます。 全て正規表現での表記が可能です。正規表現の例に関してはソフトウェアのウェブ画面内に詳細な例が記載されているため安心してご設定をいただけます。 ※Ver3.7.0からは「WindowsEventing6.0」に対応しています。

障害の判断

  • 指定秒数内での応答がなかった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 指定したイベントログを検知した場合
  • 他詳しくは「全体設定→エラーコード一覧」内の「WEV-xxxx」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:内部監視
  • 監視テスト:実行可能
  • リカバリ確認モードへの移行:不可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ
  • 対応OS:「全体設定 > 監視モジュール一覧」画面に記載
  • 「リスト→内部監視履歴」にエラー時に検知したログを保存

checkポイント ※イベントビューア画面を利用し、設定をおこなって下さい。 ※イベントログ監視は対象サーバに対して複数監視をおこなう事も可能です。 ※イベントログ監視では一度に取得するログの行数は最新から1000件までとなります。

対応OS

ポイント数 対応OS
RH WIN Sol AIX FreeBSD etc ESXi
1 × × × × × ×
監視機能一覧に戻る