コンテンツ改竄

コンテンツ改竄の監視を行います。機器にログインし、指定ディレクトリ配下のファイルが改竄されていないかチェックします。
サイト全体の改竄監視をおこなえますので、公開サーバ、特に会社のHP等の改竄監視に利用して下さい。

  • この監視を行っているディレクトリ配下のファイルを更新した場合は、再度「改竄チェック用リストファイルの作成」リンクをクリックする事でリストファイルが再作成されます。
  • この監視はmd5sumコマンドを使用しています。もし監視対象サーバにmd5sumコマンドが入ってない場合は別途入手してインストールして下さい。(Linuxはデフォルトでほぼ入っています。)
  • 「ファイル追加チェック」を使用する事により、踏み台サーバにされているかの検知も可能となりますが、運用内容等を考慮し設定をして下さい。

障害の判断

  • 35秒以内に応答が無かった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 監視対象のディレクトリ配下のファイルが改竄された場合
  • その他、「エラーコード一覧」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:内部監視
  • 監視テスト:実行不可能
  • リカバリ確認モードへの移行:不可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ

対応OS

ポイント数:1

RHWINSolAIXFree
BSD
vmAWSetc
××××