SMPT

SMTP Portの監視を行います。接続監視が可能です。

設定方法

ポート番号、タイムアウト、ワーニングレスポンスタイム、アラートレスポンスタイムを設定して下さい。稼動状態のチェックだけでなく、メールの送信チェックも行う場合、SMTPクライアントアドレス、エンベロープFROM、送信先メールアドレスを設定して下さい。実際にメールの送信がおこなわれます。なお、件名、本文は固定となります。(件名は先頭に「PCSMTP」という文字列が入ります。)
認証が必要な場合は、認証のタイプも選択してください。現在選択できる認証は「PLAIN認証」、「CRAM-MD5認証」となります。
また、受信チェックもおこなう場合は対となるPOP監視、又はIMAP監視が必要となります。 ワーニング、アラート等の振り分けは各アクション設定でおこなって下さい。

障害の判断

  • 設定した時間で応答がなかった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 220以外でのレスポンスを受けた場合
  • その他、「エラーコード一覧」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:外部監視
  • 監視テスト:実行可能
  • リカバリ確認モードへの移行:可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ

対応OS

ポイント数:1

RHWINSolAIXFree
BSD
vmAWSAzureetc
×××

前の記事

POST

次の記事

IMAP