ロードアベレージ

ロードアベレージの監視を行います。機器にログインし、指定された数値での監視を行います。
ロードアベレージ(CPU負荷率)を内部から監視します。 ロードアベレージは一般的にリソース監視という分類になり、監視の基本です。どのようなサービスをしている場合でも監視する事の効果があります。

設定方法

ワーニングの閾値、アラートの閾値を設定します。 仮にワーニング閾値を1、アラート閾値を3とした場合、ロードアベレージが1を超えるとワーニングのアクションが実行され、3を超えるとアラートのアクションが実行されます。(ロードアベレージの値は5分のものと比較されます)

  • ロードアベレージの監視は、SNMP監視でも可能です。SNMPで取得できるサーバの場合はSNMPでの監視をおこなって下さい。

障害の判断

  • 35秒以内に応答が無かった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 指定した閾値を越えていた場合
  • その他、「エラーコード一覧」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:内部監視
  • 監視テスト:実行不可能
  • リカバリ確認モードへの移行:不可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ、ロードアベレージグラフ

対応OS

ポイント数:1

RHWINSolAIXFree
BSD
vmAWSAzureetc
×××××

前の記事

Oracle

次の記事

Winディスク