機能紹介

監視機能詳細

  • 対応製品:
  • クラウド版
  • スタンダード版

TRAP

監視の観点 監視説明
TRAP(UDP)受信の監視 SNMPTRAPの監視を行います。TRAP監視は、マネージャー内のコントロールIPや外部のコントロールIPで受信したSNMP TRAPメッセージ内容と設定値に一致するTRAPがあるか監視します。また、機器メーカーやOSメーカーより提供されたMIB/OIDをインポートし受信したTRAPの確認、クラリスに搭載されているMIBツリーの確認が可能です。

TRAP監視は、各コントロールIPで受けたSNMP TRAPを監視し、設定された内容に一致するTRAPがあるかどうかを監視します。

 

TRAP監視はその特性上、監視間隔とグラフがありません。

SNMP TRAPを受信した際に検知するような監視方式となり、他の監視とは方式が違いますのでご注意下さい。

 

管理画面での設定は、ワーニング用OID/MIB、アラート用OID/MIB、復旧用OID/MIBを設定する形となります。

ここに設定する内容をOIDにするか、MIBにするかはTRAPをMIBで受けているか、OIDで受けているかによりますので、 一度TRAPを受け、MIBで受けているかOIDで受けているか確認した後、どちらかで設定して下さい。

 

復旧は復旧MIBを受けるか、「現在アラート情報」画面の監視内容 Menu Icon 内にある

i_check復旧ボタンをクリックする事で復旧がおこなわれます。

i_check復旧ボタンを押下することにより、設定されている復旧MIBがtrap送信され、復旧がおこなわれます。

 

また、一度に同一内容のMIB/OIDが大量に送信された場合を考慮する場合

「前回と同一 SNMP TRAPを受信した場合は無視する。」 にチェックを入れる事で

同一内容のSNMP TRAPは無視されます。

 

障害の判断

  • 設定した時間で応答がなかった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • ワーニング用OID/MIBが存在していた場合
  • アラート用OID/MIBが存在していた場合
  • 他詳しくは「全体設定→エラーコード一覧」内の「TRP-xxxx」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:外部監視
  • 監視テスト:実行不可
  • リカバリ確認モードへの移行:不可
  • グラフ:ありません。
  • 「リスト→内部監視履歴」に履歴を保存

 

※TRAP監視では同一IPから受信したsnmp trapは秒間でまとめて処理をおこないます。秒間で複数snmp trapを受信した場合、検知対象は最後に検知されたtrapとなります。
※TRAP監視の検知対象はSNMPv2-MIB::snmpTrapOID.0の値となります。 
※snmp trapを受信した際にtrap内にマルチバイトが入っていた場合はnet-snmpで受信した状態のまま表示されます。
※TRAPを受けた場合、受けたTRAPの内容は$HOME/log/traplogに記載され、検知されたかどうかは$HOME/log/cltrapに記載されます。 
※Ver3.6.0ではnet-snmpのVersion5.5まで対応しています。PatrolClariceをインストールしたサーバのnet-snmpのバージョンがこれよりも新しい場合でVersion5.5とログフォーマットが違っている場合、監視ができなくなる可能性があります。 
※TRAP監視はレポート生成時のグラフ表示はおこないません。

※監視をおこなう前に各コントロールIPでsnmp trapの設定(事前作業)をおこなう必要がありますのでご注意下さい。

対応OS

ポイント数 対応OS
RH WIN Sol AIX FreeBSD etc ESXi
1 ×
監視機能一覧に戻る