機能紹介

監視機能詳細

  • 対応製品:
  • クラウド版
  • スタンダード版
  • ライト版

PING

監視の観点 監視説明
死活監視 PINGの監視を行います。接続監視が可能です。
Ping監視についてご説明いたします。   パトロールクラリスのPing監視では、タイムアウト、ワーニングレスポンスタイム、アラートレスポンスタイム、上位監視との連携、同一IPに対する監視の連携動作、パケット長を設定する事ができます。

上位監視との連携について

「上位監視がエラーの場合、アクションを除外する」を選択した場合、対象としたい上位監視の状態(登録されている監視を選択する)がエラーの場合にこのPING監視のアクションを実行しません。

同一IPに対する監視の連携について

この項目で「PINGがエラーの場合、同一IPの監視のアクションを除外する 」を選択した場合、このPING監視がエラーの際に 、このIPの他の監視のアクションを実行しません。 余計な障害検知アクションを減らし、障害対応作業の省力化が図れます。
※使用方法として、「上位監視との連携」を設定し、「同一IPに対する監視の連携」も設定すると、上位の機器でエラーが発生している最中にはその下位の監視のアクションが実行されないという挙動にする事が可能ですので、例えば上位のルータのpingがエラーの場合は、その配下の機器のエラー通知(メール送信等)は行わないといった運用が可能となります。 ※ペイロード部分のパケット長を変更できます。通常はデフォルトの8byteを利用して下さい。中継のルータ機器等でパケット長での制限等を設けている場合等に利用して下さい。

障害の判断

  • 設定した時間で応答がなかった場合
  • 詳しくは「全体設定→エラーコード一覧」内の「PNG-xxxx」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 設定した時間で応答がなかった場合
  • 監視テスト:実行可能
  • リカバリ確認モードへの移行:可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ

 

対応OS

ポイント数 対応OS
RH WIN Sol AIX FreeBSD etc ESXi
1
監視機能一覧に戻る