簡易WEB改竄

WEBサイトの簡易的な改竄監視を行います。
Last-Modified、Content-Length、ETag情報からコンテンツの改竄を監視します。

設定方法

URL、コンテンツ、タイムアウトを設定することが出来ます。
各コンテンツはContent-Length、Last-Modified、Content-MD5またはETag情報を元に改竄されているかどうかの監視を行うことができます。

障害の判断

  • タイムアウトが発生した場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 監視対象のURL配下のファイルが改竄された場合
  • その他、「エラーコード一覧」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:外部監視
  • 監視テスト:実行可能
  • リカバリ確認モードへの移行:可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ、監視結果、ファイル数

対応OS

ポイント数:1

RHWINSolAIXFree
BSD
vmAWSAzureetc
××

前の記事

NTP