LDAP

LDAPの監視を行います。検索結果に対しての監視が可能です。

設定方法

BASE-DN、FILTER内容、ポート番号、タイムアウト、ワーニングレスポンスタイム、アラートレスポンスタイムを設定して下さい。
またbind認証がかかっている場合、認証ユーザ名、認証パスワードも設定して下さい。

  • LDAP監視では、検索にHITするかどうかの監視も行います。

障害の判断

  • 設定した時間で応答がなかった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 検索文字列にマッチしなかった場合
  • その他、「エラーコード一覧」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:外部監視
  • 監視テスト:実行可能
  • リカバリ確認モードへの移行:可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ

対応OS

ポイント数:1

RHWINSolAIXFree
BSD
vmAWSAzureetc
×××

前の記事

WinCPU

次の記事

NTP