エージェント

エージェント

監視機器(被監視対象)にあわせて監視の実行と収集を行う有償のプログラムの常駐させる仕組みです。監視の実行におけるリソースの消費が伴い、監視対象に負荷をかける事から定期的な機器の再起動やOSのバージョンアップに伴い、追加ライセンスを購入する等、エージェントレス方式と比較すると運用コストがあがる監視方法となります。

次の記事

内部監視