機能紹介

監視機能詳細

  • 対応製品:
  • クラウド版
  • スタンダード版

Winサービス

監視の観点 監視説明
WindowsOS専用のサービス監視 サービス(win)の監視を行います。サービス名が存在するか等の監視が可能です。
Windows(2000/2003/2008/2012)専用の監視です。 Windows上のサービスのステータス、存在の有無等での監視がおこなえます。 また、サービスは最大4個まで設定する事が可能です。 設定方法は、「サービス名」の部分に、監視したいサービス名を入れて下さい。   「ステータス」部分で、そのサービス がどのような状態になったら障害として検知するかを選びます。 次に「タイムアウト」にタイムアウトとするまでの時間を秒単位で入力します。 また、「サービス名」の横にプルダウンの使用方法ですが、 「サーバ情報を取得」をクリックする事で、現在のサービス一覧を取得(内部接続が可能な場合)し、プルダウンの中を最新のサービス一覧の内容にします。   このプルダウンからサービスを選ぶ事で、簡単に設定をおこなう事が可能です。 ワーニング、アラート等の振り分けは各アクション設定でおこなって下さい。  

障害の判断

  • 指定秒数内での応答がなかった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 指定したサービスが指定したステータスでない場合
  • 他詳しくは「全体設定→エラーコード一覧」内の「WSV-xxxx」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:内部監視
  • 監視テスト:実行可能
  • リカバリ確認モードへの移行:可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ
  • 対応OS:「全体設定 > 監視モジュール一覧」画面に記載
  • 「リスト→インフォメーション」に最新監視時に取得したサービスで、一般的に不要なもの、必要なものを表示

対応OS

ポイント数 対応OS
RH WIN Sol AIX FreeBSD etc ESXi
1 × × × × × ×
監視機能一覧に戻る