機能紹介

監視機能詳細

  • 対応製品:
  • クラウド版
  • スタンダード版

ESXiホスト構成

監視の観点 監視説明
VMware ESXiの構成情報の監視 VMware ESXiホストの構成情報(ホスト、ゲスト)監視をおこなう事が可能となります。vSphereCliantなどで表示されるサマリの情報や権限、ゲストの状態などの構成の変更を監視する事が可能となります。 ESXiホスト構成監視は、1つの監視ポイントで「ホストの構成情報」 「 仮想マシンの構成情報」の二つをご利用頂けます。 VcenterライクなGUIにより、ホストの構成、ゲストの構成を直感的に把握でき、監視機能によって、数十世代まで構成情報の世代管理が行えます。
ESXiホスト構成監視は、1つの監視ポイントで「ホストの構成情報」 「 仮想マシンの構成情報」の二つをご利用頂けます。   「ホストの構成情報」では ・基本構成情報 ・セキュリティプロファイル ・権限情報 のどれを監視するか(変更があった場合に検知するか)を選択します。   「 仮想マシンの構成情報」では ・基本構成情報 ・ハードウェア構成情報 ・仮想マシンのリソース割り当て(ハードウェア構成情報のチェックも行われます) ・一般-VMware Tools-電力管理オプション ・構成パラメータの内容もチェックする ・スナップショット のどれを監視するか(変更があった場合に検知するか)を選択します。   監視を除外したいゲストOSがある場合、「除外する仮想マシン」にチェックをつける事で そのゲストOSは監視から除外されます。 「保持する構成情報世代数」で、保持する世代の数を変えることが可能です。 「モニタリングのみ行う」にチェックをつけた場合は、アラートの検知はおこなわず、差分の保持のみおこないます。   「復旧アクション設定」では、自動で復旧をさせるか、手動で復旧させるかを選択する事が出来ます。 「構成情報基準値の更新」では、チェックをつける事により次回の監視は構成情報の取得のみ行い、その際に取得された最新の構成情報を基準値に設定します。  

※パトロールクラリスとの時刻差が20秒以上ある場合はカウンタ値の取得がおこなえなくなりますので、パトロールクラリスと対象のESXiの時刻を合わせるようにしてください。

 

※ESXi監視ではコントロールIPの変更は監視単位では不可能となり、サーバ単位となります。また、サーバ単位でコントロールIPの変更をおこなう場合は監視を停止したのち おこなってください。なお、変更をした場合はそれ以前の世代情報(ESXiホスト構成ビューで閲覧出来る情報)は全て失われますのでご注意ください。

※構成ビューでオレンジ文字(差分)がある場合に、その差分が構成ビューでも確認出来ない場合は構成ビュー右上の「テキストで差分を取得」を クリックすることで、テキストベースで差分の状態を確認することが可能です。

※構成監視では大文字小文字は無視しての比較をおこなっています。

※_ERRMSG_ではテキストデータでの差分の内容の一部が表示されます。詳細は管理画面上の構成ビューなどでご確認ください。

 

障害の判断

  • 構成情報に変更があった場合
  • 対象のESXiとの接続がおこなえなかった場合
  • 他詳しくは「全体設定→エラーコード一覧」内の「VCF-xxxx」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:外部監視
  • 監視テスト:実行可
  • リカバリ確認モードへの移行:可
  • グラフ:レスポンスタイム、構成変更の有無

対応OS

ポイント数 対応OS
RH WIN Sol AIX FreeBSD etc ESXi
5 × × × × × ×
監視機能一覧に戻る