SNMP設定ウィザード

SMMP監視を利用したトラフィックの監視設定を追加するディスカバリ画面です。検出したインタフェース毎にSNMP監視を追加します。 未登録のサーバの場合は、サーバ設定も監視登録と同時に登録します。ポート数の多いネットワーク機器などのポート毎のトラフィック監視を一括で行うことが可能です。

ポイント

  • ディスカバリは1IPに対して実行可能です。
  • IPv6は未対応となります。
  • 通報先アドレスを登録した場合は、監視登録時にアクションメール設定に登録されます。
  • 登録できる監視数はポイント上限までとなります。登録可能な監視は青字、ポイント制限により登録不可能な監視は赤字となります。
  • 既に登録済みの監視は灰字となり、監視登録は行われません。
  • 監視対象のサーバでSNMPのサービスが稼働している必要があります。
  • ワーニング/アラートの閾値は、ディスカバリしたインタフェースの稼働状況に合わせて自動で設定されます。
  • 登録されるSNMP監視は、トラフィックに関する4つのOID(受信オクテット数,送信オクテット数,受信エラーパケット数,送信エラーパケット数)が自動で設定されます。

SNMP設定ウィザード設定画面

次の記事

サーバカルテ