業務プロセスの自動化・可視化を実現する国産クラウド型RPAサービス

RPAとして作成した自動化処理を一つのブロック(ノード)としてそれらを繋ぎ合わせ、一連の自動化フローを構築することが可能。

今お使いのRPAツールも自動化処理パーツとして扱えるなど、これまでのロボットナレッジを無駄にすることなく統合的に管理・運用しての「RPAガバナンス」を可能に。

ロボシュタインについて

RPA等の自動化ツールの登場により業務の自動化が進むのはよいが、会社内の部署や事業部毎の膨大な数のRPAを監視し管理することは非常に困難です

RPA等の自動化ツールの登場により業務の自動化が進むのはよいが、会社内の部署や事業部毎の膨大な数のRPAを監視し管理することは非常に困難

「クラウド型IT運用向けRPA ロボシュタイン」による
自動化フローのマネジメントが必要!

「クラウド型IT運用向けRPA ロボシュタイン」による自動化フローのマネジメントが必要!

ロボシュタイン 特長

手軽に業務プロセス全体の自動化を実現

手軽に業務プロセス全体の自動化を実現

自動処理ブロック(ノード)を組み合わせて、自由に業務プロセスの自動化フローを設定し、運用・管理できます。

クライアントPC上で稼働するRPA製品を指示・管理

クライアントPC上で稼働するRPA製品を指示・管理

クライアントPC内にエージェントを配置することにより、Powershellの実行やRPAツールの実行指示や監視も可能。
※コムスクエアが自社で提供する開発型RPAツール「パトロールロボコン」に限定することなく、他社提供のRPAツールも管理可能

自動化効率の可視化を実現

自動化効率の可視化を実現

各フローに設定された「従来(手作業など)でかかっていた時間」と比較して、ロボシュタインによる自動化フローが稼働したことによりどれだけ時間が削減できたのかを可視化。タグによる絞り込みで、部署単位や業務種別、RPAツールごとの自動化効率を確認可能。

ロボシュタイン 機能概要

フローエディター(自動化フローの構築)

フローのトリガーや条件分岐、各種ITツールとのAPI連携、コマンドの実行などが設定可能です。また、クライアントPC内のRSエージェントと連携する事で、PowerShellの実行やRPAツールの実行指示や監視も可能としています。

自動化統合マネジメントとは?

自動処理ブロック(ノード)を組み合わせて、自由に自動化フローを設定し、運用・管理できる。

自動処理ブロック(ノード)を組み合わせて、自由に自動化フローを設定し、運用・管理
▼グラフィカルなインターフェースで自動化フローを簡単に設定可能。
グラフィカルなインターフェースで自動化フローを簡単に設定可能

ノード(自動処理ブロック)について

リリース時点で50種類以上のノードをご提供します。ユーザーやパートナーのリクエストで順次追加いたします。

▼トリガー系(INPUT)

HTTP受信

メール受信

Slack受信

RESTAPI

スケジュール

手動実行

▼中間処理系

条件分岐

RESTAPI

メッセージ変換

スクリプト格納

ステータス更新

タイマー

JavaScript実行

AWSコマンド実行

SSHコマンド実行

PING実行

Agentコマンド実行

Webサイト情報取得

※Agentコマンド実行
Windows系PCに様々な処理の実行を引き渡すノード。Powershellの実行、RPA(ロボコン・Winactor等)の実行、PC内のファイル取得、PCへのファイルアップロードなど、様々な処理を実行できます。
※Webサイト情報取得
指定したWebサイトの情報を習得できるノード。入力フォーム動作を指定してログインなどの操作も可能です。
▼出力処理系(outPUT)

HTTP送信

メール送信

Slack送信

ログ出力

Redmine送信

アラートコール連携電話連携

例えばこんな運用を自動化

監視システムからの障害メールを目視し、静観すべき内容であればインシデント管理ツールに「静観」のインシデントを手動登録。Webサイト監視のエラーだった場合、監視対象のWebサイトに手動でアクセスし、状況確認・エスカレーションを行っていた。

▼自動化フロー例 ※フローは簡略化して表現しています。
自動化フロー例 ※フローは簡略化して表現

稼働管理(フロー管理)

タグは各フローに対しユーザーによって自由に設定可能です。自動化フローを部署単位や業種別で分類して管理したり、使用しているRPAツールをタグに設定することで、RPAツールごとのフローの状態や自動化効率を管理する事ができます。

自動化フローの”設定状況”を確認できます。タグによる絞り込みが可能です。

▼フロー一覧
フロー一覧

自動化フローの”稼働履歴”を確認できます。タグによる絞り込みが可能です。

▼実行履歴一覧
実行履歴一覧

ダッシュボード(自動化効率の可視化)

各フローに設定された「従来(手作業等)でかかっていた時間」と比較して、ロボシュタインによる自動化フローが稼働したことによりどれだけ時間が削減できたのかを可視化できます。タグによる絞り込みで、部署単位や業務種別、RPAツールごとの自動化効率を確認できます。

自動化フローによる時間・工数の削減効果(割合)を可視化できます。

▼ダッシュボード
ダッシュボード(自動化効率の可視化)

ロボシュタイン 活用事例

ロボシュタインを活用したサービス例

各システム・アプリからの大量のアラートメール集約して仕分け・一次対応を自動化します。

▼アラートおまとめ自動仕分けサービス
アラートおまとめ自動仕分けサービス

ロボシュタインを活用したシステム構築例

▼IT運用統合管理システム
ロボシュタインを活用したシステム構築例

ロボシュタインを活用したMSP業務全体の自動化例

下記のようなマネージドサービス(MSP)業務全体の自動化も実現します。

マネージドサービス(MSP)業務全体の自動化も実現

さらに、オンプレ側にあるPCでパワーシェル実行やRPAツールの実行・監視も実現します。
自動化例としては、リモートデスクトップ操作、ローカルファイル(Excel、テキスト等)の操作、PC経由でローカル内別機器へのCLI操作、OCRやCADツールの操作が可能です。

オンプレ側にあるPCでパワーシェル実行やRPAツールの実行・監視も実現