機能紹介

監視機能詳細

  • 対応製品:
  • クラウド版
  • スタンダード版
  • ライト版

Winディスク

監視の観点 監視説明
WindowsOS専用のリソース監視 ディスク使用率(win)の監視を行います。使用率での監視が可能です。
Windows(2000/2003/2008/2012)専用の監視です。 一般的にはリソース監視という分類になります。 特にファイルサーバや、SYSLOGサーバ等の比較的早いサイクルでディスクの消費が起こるサーバに対して効果的です。ディスク増設、バックアップの目安になります。 設定方法は、ドライブごとでのワーニングの閾値、アラートの閾値、タイムアウトを設定します。 最大でドライブを4つ指定できます。 ※ドライブに'*'(アスタリスク)を指定すると、他で設定しているディスク以外の使用率が監視対象となります。(ワイルドカード指定) ただしアスタリスクでの監視の場合、仕様上グラフは表示されませんのでご注意下さい。 ※ドライブに'*'(アスタリスク)と通常のドライブを指定する場合、上段から検知対象となりますので、通常のドライブを先に記述するようにして下さい。

障害の判断

  • 指定秒数内での応答がなかった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 指定した閾値を越えていた場合
  • 他詳しくは「全体設定→エラーコード一覧」内の「WDS-xxxx」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:内部監視
  • 監視テスト:実行可能
  • リカバリ確認モードへの移行:可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ、ディスク使用率グラフ
  • 対応OS:「全体設定 > 監視モジュール一覧」画面に記載
  • 「リスト→インフォメーション」に監視時のディスク情報を表示

対応OS

ポイント数 対応OS
RH WIN Sol AIX FreeBSD etc ESXi
1 × × × × × ×
監視機能一覧に戻る