機能紹介

監視機能詳細

  • 対応製品:
  • クラウド版
  • スタンダード版

チャット

監視の観点 監視説明
コマンド実行監視 チャット形式での監視を行います。各OS、ルータ、スイッチ等にログインし、指定されたコマンドの返り値での監視をおこないます。

チャット監視とは、ルータやスイッチ、特殊なOS等にログインをおこない、ユーザー指定のコマンドを実行しその表示結果に対して監視をおこなう事が出来ます。アイディア次第で様々な監視が可能となります。 チャット監視では先に、telnet、sshで接続が可能な事という条件があります。 また、監視対象機器へ「チャットプログラム」を配置し、シーケンシャルな動作を行います。

障害の判断

  • 指定秒数内での応答がなかった場合
  • 接続エラーが発生した場合
  • 指定エラー判定にマッチした場合
  • 他詳しくは「全体設定→エラーコード一覧」内の「RTC-xxxx」のエラー内容を参照して下さい。

その他特徴

  • 分類:内部監視
  • 監視テスト:実行不可
  • リカバリ確認モードへの移行:不可能
  • グラフ:レスポンスタイムグラフ、各エラー判定時の取得値
  • 「リスト→内部監視履歴」に履歴を保存

checkポイント ※設定が複雑ですので、テスト実行を使用し設定をおこなって下さい。 ※障害の検知は4個のエラー判定のうちどれか一つでもマッチしない場合は障害と判断されます。 ※タイムアウト値は通常の監視よりも長めに設定して下さい。 ※「チャットプログラムを実行する」をクリックする際に「ctrl」ボタンを押しながらクリックするとデバッグ情報を表示します。サポート時等に使用します。 ※ssh接続の場合は、ログイン後プロンプトからの設定となります。(サーバ接続情報にユーザー、パス等の設定を先に済ませる必要があります。)

対応OS

ポイント数 対応OS
RH WIN Sol AIX FreeBSD etc ESXi
1 ×
監視機能一覧に戻る