機能紹介

管理機能詳細

  • 対応製品:

MIB情報の管理

監視の観点 監視説明
MIBファイルの登録・検索・削除 パトロールクラリスでは、「標準MIB」とOSや機器ベンダーが独自に管理項目を公開している「プライベートMIB」とご利用をいただく事ができます。また、SNMPWALKを利用し、機器へログインを行い、MIBリストをもとに監視設定を行う事も可能です。管理者権限ユーザは、ベンダーや独自MIBファイル投入や削除等が可能です。

■概要 

パトロールクラリスで使用するMIBの管理をおこなう事ができます。

 

■表示内容について

別画面でMIBツリー等を表示します。

 

■入力項目について 

1.MIBの閲覧、削除
入力項目内容
サーバ種別 ・閲覧したいMIBが登録されているサーバの種別を選択する事が出来ます。
MIBディレクトリ ・既に登録されているMIBディレクトリを選択する事が出来ます。
MIBファイルの閲覧 ・選択されたMIBファイルの一覧を別画面で見る事が出来ます。また、 この画面からファイルの削除をおこなう事も可能です。
MIBのツリー表示 ・OIDを選択、指定する事が可能です。指定されたOID配下のMIBを別画面でツリー表示します。 また、表示が重い、表示ができない場合はOIDの範囲を絞るか、簡易表示のリンクで表示が可能となる場合があります。
MIBの削除 ・選択されたMIBディレクトリ配下のMIBをディレクトリごと削除します。
2.MIBの登録
入力項目内容
アップロードするMIBファイル ・参照ボタンを押し、ベンダーサイト等から取得したMIBファイルを指定可能です。 ※ファイルの形式もあわせて選択をおこなって下さい。
サーバ種別 ・閲覧したいMIBが登録されているサーバの種別を選択する事が出来ます。
MIBディレクトリ ・登録先のMIBディレクトリを選択する事が出来ます。また、新規に作成する場合は 「新規ディレクトリ」を選択し、右の入力フィールドにディレクトリ名を指定して下さい。
登録ボタン ・指定された内容で登録を行います。上書きを許可する場合は「同名のファイルは上書きする」にチェックを入れて下さい。
3.コントロールIPへMIBファイルをコピー
入力項目内容
コピー実行 ・左のコントロールIPを選択し、「コピー実行」ボタンを押下する事により、コントロールIPにMIBファイルがコピーされます。 ※trap監視をおこなっている場合は特に各コントロールIPにMIBファイルの差異が無いように注意が必要です。

checkポイント

・MIBの登録、閲覧、削除が可能です。

・登録したMIBをtrap監視使用する場合はtrapdデーモンへの設定が必要です。設定方法、起動方法等は各OSベンダー、または、インターネットにてお調べください。

※MIBファイルはetc/mibs配下に格納されます。 ※形式の違うMIBファイル等は登録が出来ない場合があります。ご了承下さい。

※MIBファイル自体については各ベンダー、もしくはMIBファイルを保管しているサイト等にお問い合わせ下さい。

(「MIB download」等の検索ワードでいくつかのサイトを見つける事が出来ます。) ※「error: unable to find snmptranslate command.」等のエラーが出た場合、snmptranslateをパトロールクラリスの管理画面が動作しているOSにインストールして頂くことで解消されます。

管理機能一覧に戻る