2017年09月6日

導入事例:コムスクエアのRPAツール「パトロールロボコン」、CTCシステムマネジメントのシステム運用サービスに採用

コムスクエアのRPAツール「パトロールロボコン」、
CTCシステムマネジメントのシステム運用サービスに採用
~高性能なソフトウェアロボットにより複雑なシステム運用業務を自動化~

株式会社コムスクエア(東京都中央区、代表取締役社長:上嶌 靖 以下コムスクエア)のロボティック・プロセス・オートメーション(以下:RPA※1)ツール「パトロールロボコン」が、CTCシステムマネジメント株式会社(略称:CTCS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮脇 茂雄)が提供するシステム運用サービスに採用されました。

※1ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA):Robotic Process Automationの略で人がPC端末で行う確認、判断、操作などの業務をソフトウェアロボットに学習させ業務プロセスを自動化させる技術。

検討の背景 ~システム運用に適したRPA製品が見つからない

CTCSでは、仮想化技術の導入やセキュリティ対応などに伴って複雑化する運用業務の負担増や、労働力人口の減少に伴う人手不足の問題を深刻に受け止め、これを解消していくためには運用業務の自動化が喫緊の課題であるとして、『人手を介さない高品質な運用サービス』の実現に最優先で取り組んでおられました。近年、RPAをキーワードとした技術革新に着目し、国内外のRPA製品に関する調査・検証を重ねましたが、いずれも機能的な制約が多いことから「運用フローが複雑でイレギュラーを前提としたシステム運用サービスには適さない」との判断を下さざるを得ませんでした。

採用の理由 ~高度な運用業務プロセスに適応したRPA機能

そこでCTCSが注目したのが、コムスクエアのパトロールクラリス監視運用ソリューションにラインナップされているRPAツール「パトロールロボコン」でした。「パトロールロボコン」は、システム運用においては必須となる複雑な運用フローや、イレギュラーの発生を前提とした高度な運用業務プロセス全体の自動化をも可能とする国産のRPAツールです。他のRPAツールでは実現しきれない運用業務を自動化できる機能に高いご評価をいただきました。

▼ 評価いただいた「システム運用」に適したRPA機能

  • 従来は人がオペレーション端末などの画面を見て行っていた、画面上のテキストや画像の捜索・認識、複数のアプリケーションに対するキーボード・マウス操作全般が可能。
  • 他システムへのリモート接続・操作や、複数のシステムをまたいだ運用業務プロセス全体の自動化が可能。
  • 自動オペレーション中にイレギュラーが発生した場合にも、人やAIなどの判断を差し込み、この判断に従い自動処理を継続するなどの、複雑な運用フローも自動化可能。

▼ その他の評価ポイント

  • シンプルな手作業から段階的な自動化が可能なため、大規模な設計や構築が不要となり低価格でスタート可能であること。
  • 国産開発のツールのため日本語による迅速で高品質のサポートが提供可能であること。
  • 統合監視ソフトウェア「パトロールクラリス」と連携することで、様々な状況・条件に応じた複数の自動オペレーションを緻密にコントロールできることに加え、ログ監視やセキュリティ監視などを通して稼働状況の管理・制御が容易となり、安定した自動運用を実現できること

状況に応じた様々なオペレーションをロボコンが自動処理 画面表示認識 表示されている画面上の文字を捜査&認識 マウス自動入力 表示されている画面の文字を自動でクリック キーボード自動入力 入力ボックスに自動でキーボード入力

今後の展開 ~AIの活用・自動化対象領域の拡大

コムスクエアは、CTCSとのパートナー契約を通じて、システム運用サービスへの「パトロールロボコン」の適用・活用を進め、多くの企業が取り組む、業務の効率化や生産性の向上など、システム運用現場における働き方改革を支えてまいります。
また、「パトロールロボコン」では今後、「パトロールクラリス」が得意とする、サーバやIoTデバイスなど、ネットワーク上の幅広い機器を統合監視・マネジメントする機能との連携を深め、さらにAI(人工知能)技術の活用により、高度なデータ解析に基づく予兆検知や状況判断を含む、より高度で統合的な自動化を実現する、ITインフラ運用全体のインテリジェント・オートメーションへ向けた対応を進めてまいります。
また、システム運用の自動化だけではなく、バックオフィス業務全般にわたる自動化への展開も並行で進めてまいります。

ビジネスパートナー募集中

コムスクエアでは、「パトロールロボコン」を含む「パトロールクラリス監視運用ソリューション」の販売・導入支援などによる協業が可能なビジネスパートナーを募集しています。
・製品の販売を行っていただく「セールスパートナー」
・製品を活用したソリューション提案や導入支援・サポートなどを提供いただく「ソリューションパートナー」
・製品を活用し、パートナー独自の製品・サービスを展開いただく「アライアンスパートナー」
※パートナーについて

製品価格

RPAツール「パトロールロボコン」
統合監視ツール「パトロールクラリス」
いずれも、コムスクエアへお問い合わせください。

株式会社コムスクエアについて

1989年の創業からCTIソリューションに取り組んでおり、CTIとWebの融合技術を最大の強みとしています。また、これらのシステムを24時間365日、安定稼働させるための運用ノウハウから産まれた、高性能エージェントレス監視エンジンや、運用自動化ロボット(RPA)などの「監視運用ソリューション」は、近年、仮想化・クラウド・IoT・AIなどの技術革新によって複雑化する企業のITインフラ運用において、これまでにない高度な運用自動化と大幅な運用工数削減=IT運用改革を実現しています。
http://www.comsq.com/

パトロールクラリス(PATROLCLARICE®)について

販売開始から12年、導入実績1,100社以上。国産エージェントレス監視としては実績No1のサーバ・ネットワーク・IoT統合監視ソフトウェアです。
監視対象機器にエージェントと呼ばれる監視プログラムのインストールが不要な「エージェントレス型の監視方式」をベースに、サーバ、ネットワーク機器、仮想環境、IoTデバイス等を一元的にリモート監視することが可能で、きめ細やかで幅広い監視機能と、PDCAサイクルを容易に実現できる数々の運用管理機能により、システムの監視・運用の効率化・コスト削減と運用品質の向上を両立させることができます。

データセンター・クラウドなどのIT運用サービス事業者へ向けたプロフェッショナルエディション「パトロールクラリスPro」

1.複数の環境、幅広い監視対象、様々な視点による統合監視を実現する『高性能監視エンジン』

2.2. システム間を柔軟に連携させ、ユーザーへのサービス提供やデータメンテナンスを容易にする『多機能API』

3.あらゆる手作業やシステム連携、複雑なオペレーションを自動化する『運用自動化ロボット(RPAツール)』

4.メーカーエンジニアによる24時間対応が可能な『プレミアムサポート』 上記4点が密に連携することで、これまでにない次世代システム運用を実現

高度な監視エンジン&APIと運用自動化ロボットが連携することで、監視を強化して運用オペレーションを自動化&高速化。

CTCシステムマネジメント株式会社について

CTCのグループ会社で1984年設立。お客様の情報システム環境について24時間365日の安定稼働と運用に努め、システム運用管理、ネットワークサービス、ソフトウェア開発を提供しています。会社設立以来、蓄積した高度な技術力とノウハウをベースに最適な運用を実践しています。
http://www.ctcs.co.jp/

●CTCS「リモート運用・監視サービス」

http://www.ctcs.co.jp/service/siteqc/

当発表に関するお問い合わせ先

  • 株式会社コムスクエア ネットワークソリューション事業部
  • 〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-1 銀座富士屋ビル3F
  • お問い合わせフォーム:https://patrolclarice.jp/intro_form/
  • お問い合わせ先:TEL:050-3752-7888(担当部署直通) FAX:03-4455-1011