導入事例一覧

  • パトロールクラリス

株式会社日立製作所様

JP1とエージェントレス型監視ツールを組み合わせることで、より精度の高い監視を実現

インターネットの普及により、IT推進を掲げる地方自治体のオンラインサービスの利用率が高まっています。こうした状況の中、提供側の自治体は、利用者への安定サービスを提供するために、各サーバーやネットワーク機器の負荷状態、Webサービス等の起動状態などを精度良く効率的に監視し、安定したサーバー・ネットワーク環境を維持・運用することがより一層必要となってきました。

AIS推進センタでは、これまでJP1による監視のみを行っていましたが、エンドユーザの視点から見たWebサービスおよび上位レイヤのサービス監視をきめ細かく行う必要が出て来ました。そこで同センタが選択したのは、メインの監視製品であるJP1を補完することができるコムスクエアが開発したエージェントレス型のPATROLCLARICEでした。

株式会社日立製作所様
導入事例詳細ダウンロード

開発経緯と実績

エージェントレス型監視ソフトウェア PATROLCLARICEの開発元であるコムスクエアはWebや携帯のシステム開発を手掛け、開発したシステムとサーバーを自社のデータセンタで24時間、365日監視する運用サービスを保守の一環として展開しています。導入したエージェントレス型監視ソフトウェア パトロールクラリス PATROLCLARICEは、このデータセンタでお客様のサーバーを監視するために開発され、製品化以前から、このデータセンタで数百台のサーバーをエージェントレスで監視しており、安定した製品であることが、選択した大きな要因になりました。(渡辺氏)

海外製品での問題点

AIS推進センタでは以前、別のネットワークで海外の監視製品を使用していましたが、いつくかの問題点がありました。

  • 不具合が発生し、改善されるまでに時間が掛かり、回避策を検討する必要があった。
  • 海外製品のため、サポート窓口である日本の販売代理店に問い合わせても、早急な回答が出ない場合があった。
  • ポイントを追加購入する際に、ある程度まとめて購入しなければならなく、調達に関しても問題があった。

JP1との住み分け(共存)

これまではJP1+オペレーターが定期的に目視、手動で監視を行なってきました。JP1のネットワーク全体が視覚的に確認できるという利点を生かし、今後はJP1でサービス起動やCPU、メモリ、ディスクなどのリソース監視を継続し、エージェントレス型監視ソフトウェア PATROLCLARICEでWebサービス監視とL4以上のアプリケーションレイヤーを重点的に監視することにしました。(四方氏)

株式会社日立製作所様

株式会社日立製作所様

http://www.hitachi.co.jp/

AIS推進センタ様は、日立製作所の公共分野のユーザ様を対象としたサーバーやネットワークの運用・監視・管理のアウトソーシングサービスを行っている部署です。

この事例で導入したパトロールクラリスのソリューション

導入事例一覧に戻る